2009年05月01日

Blu-rayディスク20枚分にあたる500GBの大容量

アメリカのGEがDVDと同じサイズのディスクに500GBのデータを記録できるマイクロホログラフィック・ストレージ材料の実験に成功したそうです。

今回開発されたマイクロホログラフィック・ディスクは、記録フォーマットがDVDやBlu-rayディスクなどの現在の光ストレージとは異なるとしており、DVDやBlu-rayディスクがディスクの表面だけを使用して情報を保存するのに対して、ホログラフィック・ストレージ技術は情報ビットを表す三次元パターンをディスクに書き込み、読み込みするといったディスク全体を活用したフォーマットになるとのこと。

また、フォーマットが異なるとはいえ、基本的にマイクロホログラフィック・ディスクのフォーマットもハードウェアも現在の光ストレージ技術と極めて類似しているため、通常のBlu-rayプレーヤーに採用されている読み取りレンズと同様のものを用いることができるほか、CDやDVD、Blu-rayディスクのすべてを再生することが可能になるなど、互換性に優れているとしています。

ちなみに気になる登場時期についてですが、「皆さんが思うよりも近いのです」とされており、将来的には1TBを超えるディスクの開発も視野に入っているようです。
posted by irodori at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。